マラソンマン税理士

佐藤充宏 江東区で税理士事務所を経営しています。

「フィンテック(Fintech)について」

bus0109-003

ここ数年前より、

「フィンテック(Fintech)」

という言葉を活字で見かけるのでは、ないでしょうか。

「フィンテック(Fintech)」とは、「Financial Technology」の事で、そのまま翻訳すると金融技術という事です。

現在、金融機関は、銀行・保険・証券・クレジットなどの決済業といったサービスを提供しています。

そして、金融機関は、はるか以前より、コンピューターを導入し、ITを積極的に導入しています。

その金融機関のサービスに関して、フィンテックという言葉が出てくるのは、当時と比べて、格段に情報技術が進歩しているからです。

例えば、スマートフォンを活用して、金融機関の決済サービスを利用したり、先日も話題になった「仮想通貨」の利用です。

そして、この新しい金融サービスを展開しているのが、スタートアップ企業なのです。

スタートアップ企業は、もちろん、資金力も乏しく、会社の規模や基盤も金融機関とは比べものにはなりません。

しかし、フィンテックはユーザー目線を第一に考え、金融機関ではなかなかスピーディーに対応できないリクエストに対して機敏に対応して素早くサービスを提供していきます。

このようなスタートアップ企業が1社ではなく、複数社あり、そして、提供サービスが多岐にわたってくると、既存の金融機関を脅かす事になります。

最近では、金融機関もこのようなフィンテックの流れを見ながら、独自のサービスを展開したりしています。

実は、フィンテックは私達一人一人に実際に関係していて、その恩恵を受けていて、そのサービス内容が増えていて、質も向上しているのです。

そのサービスを提供している環境は変化を続け、更なるフィンテックの広がりを見せています。

フィンテックの上手な活用が、私達の生活の質を向上させることにも繋がりますので、今後もフィンテックについては取り上げていきます。

Return Top